Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME 研究活動 研究要素集 研究要素集 <検索>里山地域の生物多様性保全

里山地域の生物多様性保全

管理された里山

メンバー: 赤坂宗光、小池伸介、土屋俊幸、戸田浩人、星野義延、吉田智弘

分野: 森林圏科学、環境保全学、社会学

所属: 農学研究院 自然環境保全学部門

キーワード: 里山、生物多様性、シカの採食圧、森林生態系の物質循環、保全活動

ウェブサイト:

研究概要

里山地域における二次林・雑木林は、人為的影響を受けることによって生物多様性の高い状態を維持しているシステムです。例えば、コナラ林は、伐採・萌芽更新の繰り返しにより、地上部の構造が複雑化しており、生物の棲み場所は多様化しています。このような環境下における生物群集の構造とその形成・維持要因を明らかにすることによって、里山の生物多様性の維持機構を解明します。
 コナラ林は、木材生産が主目的ではなく、薪炭や落葉などの農業生産や農家生活において必要となる様々な資材を供給し、かつ防風林や水源涵養林として農地や集落を保全する機能を果たしてきました。伐採したコナラは薪炭やシイタケの原木などになり、切り株からは萌芽更新して再び森林が形成され、地表の落葉は堆肥や発酵熱利用の発芽床として利用してきました。この様にコナラ二次林は下刈り・伐採・萌芽更新・落葉採取などの人為的施業によって遷移を停滞させ、独特の生物多様性が維持されてきました。
 森林生態系の物質循環を考えれば、人間が行ってきた落葉採取は森林の自己施肥機能への介入であるが、里山として維持管理されてきたコナラ利用の背景にはその萌芽能力・再生力の高さと菌根菌などの微生物との共生があげられます。コナラ二次林は将来的にも多面的機能の発揮が期待されており、その地力維持システムを明らかにしていく必要があります。
 また、里山地域における生物多様性保全には、市民・住民団体、NPO/NGO等による保全活動が欠かせません。そこで、国内外における、そうした団体・組織の活動経緯、組織構成、メンバーの加入動機等を調査することから、里山保全に関わる団体・組織のあり方を考察しています。さらには、里山保全に関わる自然保護運動の分析、里山保全に関わる法制度の方向性等の検討を行っています。また、関連の政策提言、現場における活動の支援等を継続的に行っています。

1)古くから人の利用が加えられてきた里山の生態系において、人為がどのように里山での生物多様性の維持機構に作用しているのか
2)雑木林の管理の違いによる植物種構成の変化や里山の土地利用と植物の種多様性との関係
3)シカの増加に伴う採食圧の増加により林床植生が衰退している。林床植生の衰退により山腹斜面では土壌侵食や表層崩壊が発生しており、土壌侵食や崩壊を防止するための対策工が必要である
4)淡水生態系における水生植物をはじめとした淡水生物の群集組成や種多様性が決定されている機構を明らかにする研究

主要論文・参考事項

1) Toda, H.(2013)3.1. NATURAL ECOSYSTEMS AND SATOYAMA UTILIZATION. (in Research Approaches to Sustainable Biomass Systems, Tojo, S and Hirasawa, T., 399pp., Elsevier). 19-30.

2) 森林立地学会編(2012)森のバランス.東海大学出版会.pp.300.

3) 吉川正人・泉団・星野義延.2013.冬季に火入れ管理される栃木県箒川の河辺草原植生の組成的特徴.植生学会誌,30(1):1-15.

4) 鈴木晴美・吉川正人・星野義延.多摩川扇状地の農業水路における水生植物の分布.2014.植生学会誌,31(2):90-103.

お問い合わせ先

東京農工大学・先端産学連携研究推進センター
urac[at]ml.tuat.ac.jp([at]を@に変換してください)

研究要素集検索

Conservation of biodiversity at Satoyama

Well-maintained Satoyama.

Research members: Dr. Munemitsu AKASAKA, Dr. Shinsuke KOIKE, Dr. Toshiyuki TSUCHIYA , Dr. Hiroto TODA, Dr. Yoshinobu HOSHINO, Dr. Tomohiro YOSHIDA

Research fields: Forest and forest products science, Environmental conservation, Sociology

Departments: Environment Conservation, Institute of Agriculture

Keywords: Satoyama, Biodiversity, sika deer browsing, Circulation of Nutrients in Forest Ecosystem, preservation activities

Web site:

Summary

Secondary forest and a mixed forest in the satoyama area is a system that has maintained a high state of biological diversity by being subjected to human influence.
     For example, the habitat area of creature in the oak forest have diversified by the repetition of logging and sprout regeneration, the structure of the ground portion are complicated.
     By revealing the structure and the formation and maintenance factors of biological communities in this environment, to elucidate the maintenance mechanism of woodlands of biodiversity.
     The Quercus forest, rather than the main purpose timber production, is necessary for agricultural production and firewood and the farm life such as charcoal or fallen leaves, and it have functions to preserve the farmland and villages as a windbreak forest for arable land and water conservation forest.
     The felled quercus makes the charcoal and mushroom logs. The stump becomes forest again by reproduction by spout and the fallen leaves on the surface has been used as compost and germination floor using a heat of fermentation.

The quercus secondary forest has been maintained unique biodiversity by anthropogenic forest management, such as weeding, logging, reproduction by spout and falling leaves collection.
     As for the maintenance of the quercus forest of Satoyama, there are height of ability for germ, reproduction and the symbiosis with mycorrhiza bacteria.
     The display of multiple functions of quercus forest is expected in the future. It is necessary to clarify the fertility of soil maintenance system.
     In addition, the maintenance activity by citizen, civic group and NPO/NGO is indispensable to biological diversity maintenance in the Satoyama area. And, we perform a related policy proposal, support of the activity in the spot continuously.

1) Does act of man act on maintenance mechanism of the biological diversity in the Satoyama?
2) The relationship between the species diversity of land use and plant changes and satoyama plant species composition due to the difference in the wooded area of management
3) Forest floor vegetation has declined by increase of sika deer browsing. Soil erosion and outer layer collapse occur by the decline of the forest floor vegetation at the hillside slope, and measures mechanic to prevent soil erosion and collapse is necessary.
4) Understanding structuring forces and actions for conserving freshwater biodiversity.

Reference articles and patents

1) Toda, H.(2013)3.1. NATURAL ECOSYSTEMS AND SATOYAMA UTILIZATION. (in Research Approaches to Sustainable Biomass Systems, Tojo, S and Hirasawa, T., 399pp., Elsevier). 19-30.

2) 森林立地学会編(2012)森のバランス.東海大学出版会.pp.300.

3) 吉川正人・泉団・星野義延.2013.冬季に火入れ管理される栃木県箒川の河辺草原植生の組成的特徴.植生学会誌,30(1):1-15.

4) 鈴木晴美・吉川正人・星野義延.多摩川扇状地の農業水路における水生植物の分布.2014.植生学会誌,31(2):90-103.

Contact

University Research Administration Center(URAC),
Tokyo University of Agriculture andTechnology
urac[at]ml.tuat.ac.jp
(Please replace [at] with @.)

Search