Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME 各種申請・届出 科研費について 応募の手続き特別研究員奨励費

応募手順

特別研究員奨励費へ応募する手順

 この頁では、令和2(2020)年度科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)へ応募する手順を記載しています。

 主なスケジュールは、次のとおりです。

  • 校正版の提出期限:令和2(2020)年2月6日(木) 12時
  • 本提出(完成版のシステム送信)の期限:令和2(2020)年2月13日(木) 12時

1.公募要領等を確認する[重要]

 公募要領、応募書類の様式及びその記入要領並びに操作手引き等の確認は、科研費電子申請システムの「各種書類のダウンロード」のページをご利用ください。

2.科研費電子申請システムにログインする

 科研費電子申請システム「特別研究員奨励費応募ログイン」をクリックし、本学が付与する特別研究員奨励費用のログインID・パスワードを用いてログインしてください。

  • 今回付与するID・パスワードは、令和2年度以降の交付申請や実績報告等、研究期間終了時(特別研究員採用終了時)まで使用するため、必ず控えておいてください。また、決して他者に漏えいすることが無いよう厳格に管理してください。

 ログイン後に特別研究員申請書に記載した氏名・資格等の情報が自動表示されます。確認時に誤りを見つけた場合には、入力データを一時保存した上で、下記の研究支援課まで連絡してください。

3.研究計画調書を作成する

 科研費電子申請システムで、以下の操作により、「応募情報入力」画面にて、入力要領を確認の上、応募情報(Web入力項目)を入力し、校正版確認用の「研究計画調書」(PDFファイル)を完成させてください。応募に関する電子申請手続きの詳細は、科研費電子申請システムの「操作手引」を参照してください。

  1. 「応募情報入力」画面の各欄について、入力要領を確認の上、選択・入力等を行ってください。
    • タイムアウトによるデータ消失を防ぐために、こまめに「一時保存」ボタンを押下し、内容を保存されることをお勧めします。
  2. 入力が終わったら、「応募情報入力確認」画面により内容に間違いがないか確認してください。
    • 入力内容に不備があった場合は、「入力画面に戻る」ボタンを押下して、「応募情報入力」画面に戻り、修正してください。
    • 不備がなくなるまで、確認・修正を繰り返してください。
  3. 不備がない場合は、「次へ進む」ボタンを押下して、遷移後の「研究計画調書確認」画面の青色のボタン「研究計画書の確認」を押下して、必ず、PDFファイルに変換された校正版確認用の「研究計画調書」の内容に不備がないか確認してください。
    • ダウンロードした校正版確認用の「研究計画調書」(PDFファイル)の内容に不備があった場合は、「修正」ボタンを押下して、「応募情報入力」画面に戻り、修正してください。
    • 不備がなくなるまで、確認・修正を繰り返してください。
  4. 校正版確認用の「研究計画調書」(PDFファイル)が完成したら、当該PDFファイルを印刷して、文字切れや文字化けがないか、再度、よく確認してください。

※ PDFファイルの印刷の際は、「研究計画調書確認」画面の「確認完了・提出」ボタンを押下しないでください。押下があった場合は、校正・修正ができず、その内容で日本学術振興会に提出されることがある旨、ご承知おきください。「確認完了・提出」を押してしまった後に修正を希望するときは、下記研究支援課の各地区事務担当へ連絡してください。修正対応ができない場合がありますので、押下前に十分な確認を行ってください。

4.校正版の提出

提出期限 

令和2(2020)年2月6日(木) 12時 期限厳守

提出書類・方法・提出先 

 上記3.で作成した校正版確認用の「研究計画調書」(PDFファイル)を、下記の在籍地区事務担当メールアドレス宛に提出してください。

  • 府 中地区 研究業務係 内線:5894 Mail:hkenkyo[at]cc.tuat.ac.jp
  • 小金井地区 産学連携室 内線:7008 Mail:kkn-2011[at]cc.tuat.ac.jp

 件名は、「R2年度特別研究員奨励費校正版の提出 ○○○○(氏名)」と記載してください。

留意事項【重要】

※1.校正版提出後も研究計画調書の修正は可能です。事前相談(任意)としての作成途中の調書の提出も受け付けています。 校正版の確認において、修正を要する多数の指摘が行われる場合もあります。提出期限終了間際に書類の不備が多いまま校正依頼されますと、修正に時間がかかり、日本学術振興会の提出期限に間に合わないことも予想されるため、可能な限り、早期の提出をお願いします。

※2.校正版の提出の際は、「研究計画調書確認」画面の「確認完了・提出」ボタンを押下しないでください。押下があった場合は、校正・修正ができず、その内容で日本学術振興会に提出されることがある旨、ご承知おきください。「確認完了・提出」を押してしまった後に修正を希望するときは、上記の在籍地区の事務担当へ連絡してください。修正対応ができない場合がありますので、押下前に十分な確認を行ってください。

「校正版」返却時の事務担当者の指摘事項を確認の上、本提出の準備を進めてください。

5.本提出(完成版のシステム送信)

 提出書類・方法

 校正版確認用の「研究計画調書」(PDFファイル)を確認し、問題がなければ、完成版の「研究計画調書」を科研費電子申請システムで提出(システム送信)してください。

※ 本提出の際には、「研究計画調書確認」画面の「確認完了・提出」ボタンを、必ず、押下してください。ボタンを押さないと、本学から応募する全ての研究課題を日本学術振興会に提出することができません。

 提出期限   令和2(2020)年2月13日(木) 12時 期限厳守