Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME ニュース研究活動

研究活動

2018.12.14
タンパク質の構造形成を助ける薬剤の開発に成功しました
2018.12.12
イオン注入ドーピングを用いた縦型酸化ガリウム(Ga2O3)トランジスタ開発に成功しました
2018.12.05
「AI間連携基盤技術」のNEDO事業に採択されました
2018.12.04
細胞膜から人工生体膜チューブを作る仕組みを解明しました
2018.12.04
ネコモルビリウイルスの感染が腎炎症状を引き起こす新たな証拠を発見しました
2018.11.20
クマも子育ては大仕事|歯が語る出産・育児の履歴(研究成果の発表)
2018.11.19
小学生は数字を擬人化する傾向が強いことを明らかにしました
2018.11.16
直交集成板(CLT)外壁の中高層木造ビル実現へ!2時間耐火のCLT外壁を開発し大臣認定を取得しました
2018.11.16
母乳が赤ちゃんの腸内細菌叢を制御する機構の解明|過酸化水素が乳酸菌を増やす!?(研究成果の発表)
2018.11.13
水生植物を効果的に保全するには?:種の生活史特性を考慮した保全対象地の選択が有効(研究成果の発表)
2018.11.08
触媒の活性を失わせる「触媒毒」を高い活性をもたらす触媒の「配位子」へ転換することに成功しました
2018.11.07
意識して聞かなくても、知らない曲に脳が強く反応している事を発見しました
2018.11.06
マウスのにおい受容体発現細胞パネルを用いて気相中のにおい分子の検出と分子種の識別を実現しました
2018.10.30
悪性黒色腫(メラノーマ)が細胞死を起こさずに増殖する分子機構を解明しました
2018.09.21
サプリメント、医薬品原料、香料、バイオ燃料等の生物生産の効率化に期待!~古細菌の祖先型メバロン酸経路は倹約上手?~(名古屋大学との共同研究成果)
2018.08.31
優れた正孔輸送特性を有するポリチオフェン系有機半導体材料を開発しました
2018.08.22
化学合成と酵素合成のハイブリッド化が拓く天然物合成の新展開(研究成果の発表)
2018.07.30
光パルスの整形技術で非染色分子イメージングの検出濃度限界を打破しました
2018.07.25
元素を変えて誘導体創製のゲームチェンジ!?〜抗マラリア治療薬候補のモジュラー式迅速合成に成功しました〜
2018.07.24
小細胞肺癌が分泌する2種類のマイクロRNAのパターン診断(検出)をDNAコンピュータで実現しました
2018.07.24
海馬内のアミノ酸代謝が記憶能力に影響することが明らかに(研究成果の発表)
2018.06.08
東京農工大学発「脳梗塞を治療する新薬候補」の臨床第Ⅱ相試験を開始(研究成果の発表)
2018.06.07
ツキノワグマは木を見て森も見ていた~クマが木に登ってドングリを食べる条件~(研究成果の発表)
2018.05.29
ナナフシは鳥に食べられて子孫を拡散させる!?(研究成果の発表)
2018.05.24
工業利用されながら不明であった芳香族ポリイミド原料の合成反応機構をシンクロトロン放射光を用いて解明しました
2018.05.22
炭素ー水素結合の二重変換によるキラル化合物の短段階合成に成功しました
2018.05.14
(学内専用)「研究院を超えた融合、萌芽的研究に対する支援」平成29年度採択課題 研究成果発表
2018.05.10
牛受精卵の染色体異常を生きたまま見分ける技術を開発しました
2018.04.16
ナノシートの光操作に世界で初めて成功しました
2018.03.16
ゼリーは小さく作るほど硬くなる?細胞の様な鋳型に入れるとゼリーの硬さが変化する現象を発見しました
2018.03.08
先進宇宙開発を支える「マイクロ推進システム」について、研究者が自ら論文で解説しています
2018.02.16
DNA損傷の複雑さを決める極低エネルギー電子の新たな役割を解明しました
2018.02.02
蜂蜜のような高粘度液体を射出可能な装置を開発しました
2018.01.19
英国科学誌『Advances in Physics:X』に本学の篠原俊二郎卓越教授によるレビュー論文が掲載されました
2018.01.10
電子材料や生理活性物質の鍵構造「共役テトラエン」を安価な原料から1工程で合成することに成功しました
2017.12.28
ナノ粒子の特性を発揮させる“オーダーメイドな”分散剤を開発しました
2017.12.27
冊子「産官学連携2018」を発行しました。
2017.12.17
古典籍のくずし字をAIが認識(研究成果の発表)
2017.12.11
アメリカ化学会Chemical Reviews誌に本学の岡田洋平助教らによる総説が掲載されました
2017.12.01
マグマの複雑な泡の構造が火山の爆発的噴火を促すことを解明しました
2017.11.17
大学ランキングで「教員あたりの学術論文数」が国内2位になりました
2017.11.06
ロボットは動作をしながら、感情を伝えることができるのか?(研究成果の発表)
2017.11.02
地球温室効果ガスである二酸化炭素を分離回収できる有用なハイブリッド分離膜材料を開発しました
2017.10.19
下肢に生じる捻じれストレスが高まってしまう歩き方を解明しました
2017.10.13
癌の早期診断マーカー、マイクロRNAの超低濃度診断に成功しました
2017.10.12
ビート・クラフト、レンズを使用しない顕微鏡である世界最小のLFIを東京農工大学と共同開発(共同研究成果の発表)
2017.10.10
未熟児網膜症の発病機構の全容を疾患モデルマウスを用いて解明しました
2017.10.06
二酸化炭素を原料とするイオン伝導性高分子材料(研究成果の発表)
2017.10.04
近代製糸技術の伝播過程を知る貴重資料「勧工寮葵町製糸場図面」の再発見と資料公開(研究成果の発表)
2017.09.12
直径2インチ酸化ガリウムエピタキシャルウエハの量産を開始(共同研究成果の発表)