Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME ニュース研究活動

研究活動

2018.06.08
東京農工大学発「脳梗塞を治療する新薬候補」の臨床第Ⅱ相試験を開始(研究成果の発表)
2018.06.07
ツキノワグマは木を見て森も見ていた~クマが木に登ってドングリを食べる条件~(研究成果の発表)
2018.05.29
ナナフシは鳥に食べられて子孫を拡散させる!?(研究成果の発表)
2018.05.24
工業利用されながら不明であった芳香族ポリイミド原料の合成反応機構をシンクロトロン放射光を用いて解明しました
2018.05.22
炭素ー水素結合の二重変換によるキラル化合物の短段階合成に成功しました
2018.05.14
(学内専用)「研究院を超えた融合、萌芽的研究に対する支援」平成29年度採択課題 研究成果発表
2018.05.10
牛受精卵の染色体異常を生きたまま見分ける技術を開発しました
2018.04.16
ナノシートの光操作に世界で初めて成功しました
2018.03.16
ゼリーは小さく作るほど硬くなる?細胞の様な鋳型に入れるとゼリーの硬さが変化する現象を発見しました
2018.03.08
先進宇宙開発を支える「マイクロ推進システム」について、研究者が自ら論文で解説しています
2018.02.16
DNA損傷の複雑さを決める極低エネルギー電子の新たな役割を解明しました
2018.02.02
蜂蜜のような高粘度液体を射出可能な装置を開発しました
2018.01.19
英国科学誌『Advances in Physics:X』に本学の篠原俊二郎卓越教授によるレビュー論文が掲載されました
2018.01.10
電子材料や生理活性物質の鍵構造「共役テトラエン」を安価な原料から1工程で合成することに成功しました
2017.12.28
ナノ粒子の特性を発揮させる“オーダーメイドな”分散剤を開発しました
2017.12.27
冊子「産官学連携2018」を発行しました。
2017.12.17
古典籍のくずし字をAIが認識(研究成果の発表)
2017.12.11
アメリカ化学会Chemical Reviews誌に本学の岡田洋平助教らによる総説が掲載されました
2017.12.01
マグマの複雑な泡の構造が火山の爆発的噴火を促すことを解明しました
2017.11.17
大学ランキングで「教員あたりの学術論文数」が国内2位になりました
2017.11.06
ロボットは動作をしながら、感情を伝えることができるのか?(研究成果の発表)
2017.11.02
地球温室効果ガスである二酸化炭素を分離回収できる有用なハイブリッド分離膜材料を開発しました
2017.10.19
下肢に生じる捻じれストレスが高まってしまう歩き方を解明しました
2017.10.13
癌の早期診断マーカー、マイクロRNAの超低濃度診断に成功しました
2017.10.12
ビート・クラフト、レンズを使用しない顕微鏡である世界最小のLFIを東京農工大学と共同開発(共同研究成果の発表)
2017.10.10
未熟児網膜症の発病機構の全容を疾患モデルマウスを用いて解明しました
2017.10.06
二酸化炭素を原料とするイオン伝導性高分子材料(研究成果の発表)
2017.10.04
近代製糸技術の伝播過程を知る貴重資料「勧工寮葵町製糸場図面」の再発見と資料公開(研究成果の発表)
2017.09.12
直径2インチ酸化ガリウムエピタキシャルウエハの量産を開始(共同研究成果の発表)
2017.08.10
筋萎縮性側索硬化症原因遺伝子産物TDP-43の新機能を発見しました
2017.08.01
キャビテーションの発生条件を解明しました
2017.07.28
壊れやすいものでも、しっかりと守ります〜酵素を乾燥から保護する昆虫細胞〜(研究成果の発表)
2017.07.21
フェムト秒レーザーで操られた電子の集団振動現象を観測することに成功しました
2017.07.11
人体に有害な「鉛」とは反応しない熱安定な有機物を用いた非鉛ペロブスカイト太陽電池の作製に成功しました
2017.07.06
(学内専用)「研究院を越えた融合、萌芽的研究に対する支援」平成28年度採択課題 研究成果発表
2017.07.04
光触媒ナノ粒子における光照射後10兆分の1秒での電子の動きをX線自由電子レーザーで観測することに成功しました
2017.06.27
骨格で支えられた人工細胞の形成に成功しました
2017.06.07
ナッツの殻から機能性材料の開発に成功しました
2017.06.05
タンパク質分子中の酸素の通り道を解明しました
2017.05.23
土壌汚染浄化に有効な微生物の発見とそのゲノム解析で明らかになったゲノムの組換え(研究成果の発表)
2017.05.15
人工細胞の中でDNA をコンピュータとして使うことに成功しました
2017.04.25
染色不要で小さな分子の濃度分布を撮影できる顕微鏡を開発しました
2017.04.21
小原祐樹助教・三沢和彦教授らの論文が、『Structural Dynamics』誌の「Most cited articles」に選ばれました
2017.04.21
電解メッキ初期過程における電極近傍イオン種のリアルタイム観測に成功しました
2017.03.29
遠藤章特別栄誉教授がガードナー国際賞を受賞いたしました
2017.03.10
二つの電流値を持つ人工イオンチャネルの合成に成功しました
2017.03.08
「複数の薬を異なる速度で放出できるゲル」の開発に成功しました
2017.02.10
「タンパク質を固定化できる高分子」の精密合成に成功しました
2017.02.10
癌の迅速診断と治療薬の合成を同時に行うシステムを開発しました
2017.01.10
温州ミカンのカオス制御(研究成果の発表)