Tokyo University of Agriculture and Technology
- Research Portal Website

HOME ニュース イベント「イノベーション・ジャパン2017」(8月31-9月1日)への出展案内

イノベーション・ジャパン2017への出展案内

2017年07月24日

 

東京農工大学からは2分野、3つの研究テーマを発表するほか、
本学発のベンチャー企業からの出展も予定しております。
当日は試作機、サンプル、映像を交え、最新の研究、技術の紹介を致します。
皆様のご来場をお待ちしております。

 

■ 開催概要

【日 時】 8月31日(木) 9時30分~17時30分
              9月1日(金) 10時00分~17時00分

【場 所】 東京ビッグサイト 東1・東4ホール (東京都江東区有明3-11-1)  入場無料 アクセス

【主 催】 国立研究開発法人科学技術新興機構(JST)
              国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

■ 出展テーマ一覧 ブースMAPは、公式サイトにて8月上旬頃公開予定です

 <JSTゾーン> 大学見本市

大学院工学研究院
先端物理工学部門
宮地 悟代 准教授

ナノサイズの周期構造を形成できる
レーザー加工技術
★8月31日(木)
11:10~ショートプレゼンテーション

N-12
ナノテクノロジー

展示のみどころ

従来の技術よりさらに1/100まで微細化。高アスペクト比の周期構造体の加工が可能で、加工面積に制限のない技術を紹介。GaN・ステンレス鋼・TiNなどの試料を加工している状況をビデオや写真で紹介するほか、加工した試料を展示します。

大学院工学研究院 
応用化学部門
渡辺 敏行 教授

水に分散可能な竹状構造の
窒素ドープカーボンナノチューブ
★8月31日(木)
11:15~ショートプレゼンテーション

N-13
ナノテクノロジー

展示のみどころ 

平均18at%の窒素含有量を有する窒素ドープCNTの合成に成功。水・プロパノール・DMF等への均一分散が可能で、多層型CNTより高い伝導性を示します。ナノ金属担持材料・導電性分散材・透明導電性フィルムなどへの応用が期待されます。

大学院工学研究院 
先端物理工学部門
生嶋 健司 准教授

超音波で電気・磁気特性を可視化する
~ヒトからインフラまで~
★8月31日(木)
15:50~ショートプレゼンテーション

M-27
装置・デバイス

展示のみどころ 

電気・磁気特性を超音波により測定する新開発の手法を紹介。光が透過しない物体内の圧電イメージングや磁気イメージングが可能です。デモ用測定装置による骨・鋼材・プラスチック材料・コンクリート試験体などの試験を実施します。

 

<NEDOゾーン> ビジネスマッチング

アイラボ株式会社

タブレット上で筆記された回答の自動採点システム・サービスの開発
★8月31日(木)
15:40~ショートプレゼンテーション

NI-09
情報通信

展示のみどころ 

教育現場では、既存のマークシート方式などの「選ぶ設問」から記述式の「考える設問」へシフトしようとしている。これらのニーズに対応する記述式の自動採点システムは、1,記述式問題の出題を容易にさせる 2,採点者の負担を軽減する 3,学習者に対して早期に添削・フィードバックすることで学習効果増大を目指す これら三点において非常に役立つシステムである。

詳細は、イノベーション・ジャパン2017公式サイト をご覧ください。

8月31日(金)には、出席者・来場者・イベント関係者の交流の場としてJST交流会が開催されます。
詳しくは、JST交流会公式サイトをご覧ください。